フロントパネルにVFDモジュールが取り付けられない

vfdモジュール.jpgVFDモジュール取付.jpgVFDモジュール取付(完成品).jpg

市販の板金ケースでは、19inラック1UサイズのフロントパネルにVFDモジュール(基板サイズ36×80)を取り付けるスペースがなく苦労されているお客様から板金ケース作製のご依頼がありました。弊社ご提案のパネル構造でVFDモジュールを取り付けることができ、スペースの問題を解決することができました。

アルマイト処理をしたいが導通がとれない

アルマイト マスキング3.JPG

アルミケースにアルマイト処理を考えているのですが、導通を取りたいというご相談を受けました。アルマイト処理は通電性が悪いためアロジン処理などに置き換えられがちですが、導通が必要なところに、マスキング処理を施し導通を確保する方法もあります。

薄板に皿ネジを使いたい

サラ加工.JPGM3ネジ部.JPG 

サラ・ザグリ.JPGP1000501.JPG 

カバー・シャーシ.JPG

製品の軽量化を図るため薄板で板金ケースを作製したいというご要望がよくあります。

部品の取付精度やデザイン性を重視しサラネジを使用したい。

そこで問題となるのが、板の厚みです。板厚が薄いため部品にがたつきが生じる・サラネジの沈み込みが不十分であるなどということがあります。

写真のアルミケースは板厚1.0mmにM3のサラモミを加工した例です。本体側にサラネジ根元の逃げを加工しているためカバーとシャーシがしっかりと固定されています。